WordPressの高速化

画像の圧縮にはEWWW Image Optimizerが便利

WordPressに画像をアップロードする時に自動で圧縮を行ってくれるだけでなく、既にアップロード済みの画像もまとめて圧縮してくれます。

ブラウザのキャッシュを活用する

ブラウザキャッシュを有効化するためには、サーバー内にある.htaccessというファイルに以下のコードを追記します。
.htaccessは、 wp-contentや wp-adminなどが入っているディレクトリ階層で見つかるはずです。編集は基本的にFTPソフトで行います。

htaccess
<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType image/jpeg "access plus 14 days"
ExpiresByType image/png "access plus 14 days"
ExpiresByType image/gif "access plus 14 days"
ExpiresByType image/svg+xml "access plus 14 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
ExpiresByType application/javascript "access plus 1 month"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 month"
ExpiresByType text/javascript "access plus 1 month"
</ifModule>

サルワカ
https://saruwakakun.com/html-css/wordpress/speedup

PageSpeed Insightsのレンダリングを妨げるJavaScriptの除外を改善する方法

WordPress の JavaScript を非同期に読み込む方法

functions.php に下記を追記します。

if ( !(is_admin() ) ) {
    function replace_scripttag ( $tag ) {
        if ( !preg_match( '/\b(defer|async)\b/', $tag ) ) {
            return str_replace( "type='text/javascript'", 'async', $tag );
        }
        return $tag;
    }
    add_filter( 'script_loader_tag', 'replace_scripttag' );
}

やっていることは、JavaScript を読み込む記述のうち、defer や async が指定されていないものに、async を付けています。
defer で読み込みたい場合は、’async’ の部分を ‘defer’ に変更すればよいです。

https://it-soudan.com/how-to-load-javascript-asynchronously-on-wordpress/

Share your thoughts