1. HOME
  2. ブログ
  3. 大人になってもワクワクしたい!タイ・バンコクへの旅⑥念願のニューハーフショー

大人になってもワクワクしたい!タイ・バンコクへの旅⑥念願のニューハーフショー

突然ですが、私には昔から言ってみたい場所があって、そのひとつがオカマバーかニューハーフショーだったんです。

養老孟司先生も言っていた!

昔から、尊敬するアーティストや、コメディアン、デザイナーなど、ゲイの方が多くて、一時期はアメリカのドラッククイーンコンテスト番組「ル・ポールのドラァグ・レース」にも、はまっていた私。

少し前に、養老孟司さんが、マツコデラックスさんに、こんな話をしていて、激しく同意しました。

「大抵の人間ってね、たいして、何も考えずに生きてるのよ。

のほほんとね。

それがね、あなたみたいな人(マツコさんの事)って、色々な事を考えなくちゃいけないでしょ?

例えば、外でお手洗い行こうとするだけで、

今日の格好だと、女性の方に入るべきか、男性の方に入るべきかとかって、

とにかく、あらゆる事に対して、当たり前と思わずに考えなくちゃいけないわけ。

そうやってね、色んな事を考えて生きている人たちってね、頭が良くなるし、話してて、本当に面白いんですよ。

生まれてきて、自分を迷う事が少なければ少ないほど、考える事が少なくなって、順風満帆なのかもしれない。

でも、自分が男か、女か、そんな自分自身の根幹を常に考えてきた人々って、それはすごい能力を育んでしまうんじゃないかな?と、私も思うんです。

その上でのユーモアとか、明るさ。

明るい人ほど、色んな葛藤や悲しみを乗り越えていて、それを明るい笑いに変えて来ている。

笑いの中に、人一倍傷ついて来たからこそ持つことが出来た、他の人への優しさと愛がある。

先述のアメリカの番組「ル・ポールのドラァグ・レース」 のカリスマドラッグクイーン「ル・ポール」もその一人なのですが、、、

インタビューとか聞くと、そんな風に感じる人々が多いのです。

そんな訳で、興味があったニューハーフショー。

日本では、なかなか行く機会も無かったけど、タイで、夢が叶いました(笑)

「安全そうで、ニューハーフショーが見れる場所!」と言う事で、

今回は、ガイドブックにも掲載されていた「アジアティーク・ザ・リバー・フロント」という夜のマーケット内の「カリプソキャバレー」に行ってきました。

アジアティーク・ザ・リバー・フロント には、ボートで向かいます。

風が気持ちイイ!

タイは「毎日が夏祭りなんだなぁ~」と思った一瞬。

夜のマーケットや名所も多くて、ボート乗り場もすごいことに。

ちょっとボートに乗り間違えて、別の新名所ICONSIAMへ。

こういうビルを見ていると、タイの発展がすごいことを実感します。

再度、違う船に乗り換えて、、、。

夕暮れの中に、目的地「 アジアティーク・ザ・リバー・フロント 」が見えてきました。

中はレストランや、マーケット風の小さなお店が犇めき合います。

ニューハーフショーのチケットは、日本で予約済み。

プリントしてきた予約券を持って、劇場へ。

開演前。

この後、あっという間に劇場は一杯に。

エルヴィス・プレスリー等、みんなが知っていそうなアメリカの歌手の物まねから始まります。

その後、アメリカ、日本、中国、韓国、インド、等、

各国1曲ずつの演目がスタート。

↑中国語の音楽に合わせて。

↑こちらは、インド。

↑こちらは日本。芸者さんが演歌にあわせて、おもしろ、おかしく踊ります。

やっぱり、日本語だと、分かりやすいので、笑っちゃいますね。

2時間近かったショー。

最後は、ビキニ姿の本当に綺麗な女性達(ニューハーフ)の

「 カリプソ ガールズ」のみなさんと、

同じくビキニ姿の胸毛の生えた男性方

「カリプソボーイ」の皆さんが入り乱れてダンス。

なんか、段々よく分からなくなってきて、

「性別も、国籍も、なんだか、もう、ちっぽけな事にみんなこだわってるのかもなぁ~」と、思えてきました(笑)

最後は、記念撮影。

日本芸者を演じていた方と、パチリ。

こちらは、カリプソガールズ。

なんか、写真の比率がおかしい、、、

別の惑星から来た小さな2人が、真ん中に囲まれているようです。

Isakoさんのアクセサリー→レザーチョーカー(ベージュの革×シーメモリーホワイト)、Isakoピアス(小さめシーメモリーホワイト)

Azusaアクセサリー→シルバーチョーカー+ゴールドシリーズのガラストップ)、Isakoピアス(ゴールドシリーズ)

初めてづくしに、大満足した1日。

異国の地で、初めてのニューハーフショー。

夏の夜の街の空気も、なんだか、ちょつぴり、冒険感。

いくつになっても、新しい体験って、楽しいし、刺激的。

よく考えたら、クリスマスイブ。

ホテルに帰ったら、ラウンジでライブが始まっていました。

Isakoさんと一緒にお酒を飲む事って、ほとんどないのですが、、、

クリスマスだもの。

ビールで乾杯。

Isakoさんのアクセサリー→シルバーVチョーカー+ゴールドシリーズのガラストップ。 伊勢志摩ピアス(山ブラウン)

Azusaアクセサリー→Isakoピアス(ゴールドシリーズ)

何だか、新しいものを見て、狐につままれたような、不思議な楽しい余韻に浸りながら。

不思議なクリスマスは、過ぎていきました。

Azusa

つづく

おすすめ記事

最新記事

Twitter